【腰痛 根本改善】はじめの一歩

こんにちは!!

藤枝市で「唯一」の腰痛専門整骨院

みちる施療院院長の福井純一です。

 

 

本日もブログをご覧いただき本当にありがと

うございます。

 

 

本日は腰痛を根本的に改善するための第一歩

について伝えさせてください。

 

 

初めて当院に来院された患者様に私が必ず見

るチェックポイントがあります。そのポイン

トに異常があったら腰痛を根本的に改善する

事ができません。

 

 

腰痛が今なかったとしてもそれがあれば将来

ほぼ確実に腰痛になります。

 

 

そのチェックポイントは自分で確認できます

し、更に自分で簡単に改善し予防することが

できるんです。

 

 

ですからぜひチェックして改善してください

 

 

それではさっそく行きますね。

 

 

あなたは「反り腰」ではないですか?

私は治療院に来院された患者様の腰が反り腰

になっていないか必ず見ます。

 

 

腰が反ってしまうと腰痛になってしまうとい

うことは想像できますか?

 

 

 

 

腰が反ってお尻が後ろに突き出た姿勢になる

と背骨がぶつかるような状態になるんですね

 

 

このような状態だと腰をひねった際に背骨間

が詰まった状態になりぶつかって「痛い」と

いうことになります。

 

 

腰を前に倒すときもお尻が後ろに出てお尻の

筋肉が緊張してしまい坐骨神経痛につな

がってしまうんですね。

 

 

このような理由でその方が腰が反っているか

どうかをしっかり見ていきます。

 

 

正常な腰の反りはどの位なのか?

 

 

というと壁に背中をピタッと付けた状態で

腰の部分が指2本分空く程度になります。

 

 

それがもし、拳が一個入るようなスペース

がある場合、あるいは拳、2個入るような

方は反り過ぎということになるんですね。

 

 

このように反った状態をそのままにしてお

けば腰痛にも必ずなりますし、そのような

状態の方に対して腰を押してしまうと

もっと腰をそらせることになってしまいま

すから痛みは更に強くなってしまいます。

 

 

なので、反り腰の方に対して

 

「うつぶせになってください。今から腰

を揉みますね」

 

というのは完全にナンセンスだということ

です。

 

 

話を元に戻すとまずご自分が反り腰かどう

かチェックするために身体の後ろ面を壁に

くっつけてみてください。

 

 

そして、腰のスペースが指2本分かそれ以

上なのかということを確認してみてほしい

んですね。

 

 

この時に反り腰になっている方は指2本以

上、広いときで拳(こぶし)1個から2個分

のスペースがあります。

 

 

それではここからがいよいよ本題です。

 

 

なぜ反り腰になっているのか?反り腰の

原因をあなたはご存知ですか?

 

 

反り腰の原因はももの筋肉なんですね。

 

 

 

 

このももの前の筋肉(大腿四頭筋)の中で

も特に真ん中の大腿直筋の緊張をチェック

していきます。

 

 

この筋肉が硬く緊張する事で骨盤が下に

引っ張られる形になり結果として反り腰

になってしまうんですね。

 

 

ですからこの大腿直筋の緊張をチェック

していきます。それではやり方を説明し

ますね

 

 

大腿直筋の緊張チェック

 

やり方

1椅子に片方の膝をつける

 

 

2同じ方の手で足を持ってかかとをお尻

に付けるようにして膝を曲げてください

 

 

 

このようにするとももの前がビーンと張

るのがわかると思います。

 

 

ココが張って気持ちいいなぁ位であれば

問題ないんですね。でも、もしこれをし

 

「いたたたたたたたっ」

 

っとなったら、この大腿直筋の緊張を

とってあげないと結果的に反り腰になる

ので必ず腰痛にもなってしまいます。

 

 

この状態では腰痛になって当たり前なん

ですね。

 

 

私は腰痛の方が見えると必ずこのももの

前の筋肉の状態をチェックしますし当然

骨盤が前に倒れているかもチェックしま

す。

 

 

そしてもも前の緊張を必ず取っていきま

すし、患者様自身にももも前の緊張をと

るストレッチはやっていただくようにし

ているんですね。

 

 

このもも前筋肉チェックをしてつっぱっ

てしまっている方は確実に反り腰に

なってしまっています。

 

 

自覚が今なくても反り腰になっています

そして、その状態ですと必ず腰痛に

なってしまうんですね。

 

 

反り腰になって腰の骨の間隔が狭くなる

と腰が詰まってしまったり、お尻が緊張

して坐骨神経痛になってしまったりだと

かすべり症にもなりやすいですし、脊柱

管狭窄症にもなる可能性が高いです。

 

 

こういったことを自覚していただきたい

と思います。

 

 

結果的にヘルニア、狭窄症、すべり症に

なってしまっているという事なんですよ

 

 

ということを伝えたいんです。

 

 

何が原因で症状が引き起こされているの

か?

 

 

その原因という部分で、骨盤が前に

倒れて背骨が反ってしまってその状態が

原因となっていて結果として腰痛になって

しまっているわけなんですね。

 

 

この原因の部分をちゃんと見ていかないと

根本的に改善できないということになるん

です。

 

 

だから根本改善に向けてはじめの一歩とし

てまず反り腰なのかどうかそして反り腰で

あるならばなぜ反り腰になっているのか?

 

 

反り腰の原因は何なのか?というところを

しっかり見ていくと根本的な改善がみこめ

るのではないかなと私は考えています。

 

 

というとことで本日は腰痛の根本改善の第

一ステップについて伝えました。

 

 

もし、何か質問等あれば下のリンクから

どうぞ!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

藤枝市にある腰専門施術院

みちる施療院

 

厚生労働大臣認可 柔道整復師

厚生労働省

 

日本オステオパシー連合認定 登録オステオパス

日本オステオパシー連合

 

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

 

―福井純一

【藤枝 腰痛 】コルセットについて

 

こんばんは!藤枝市の腰痛専門整骨院

みちる施療院院長の福井です。

 

ブログをご覧頂きありがとうございま

す。

 

 

本日は腰痛に対してのコルセットの話をし

ていくのですが、なぜコルセットの話をす

るのかというと患者さんから頂く質問で良

くあるからなんですね。

 

 

具体的にはこのような質問になります。

 

 

「腰痛にコルセットは有効ですか?」

 

 

この質問に対して明確な答えを聞いたこと

がない方が多いのではないかという印象が

あるんですね。

 

 

なので今日はそれに対してはっきりお応え

できればと考えています。

 

 

まず結論から申し上げますと私は腰痛に対

してコルセットはおすすめしません。

 

 

しかし、ケースによってはコルセットを勧

めるときがあります。それがどのような時

であり、どういう理由で使うのか?

 

 

その理由をこれから説明しますのでおすす

めしない理由を知って頂ければしっかり納

得できるのではないかと思います。

 

 

まず大切なのが腰痛がなぜ起きているのか?

というメカニズムの部分になるんです。

 

これは何度もお伝えしている内容になります

が腰痛になるときは腰が動き過ぎて起こって

いますよ。ということなんですね。

 

 

股関節が非常に多いのですが股関節が本来動

かなくてはならない。例えば股関節と腰が

5対5で動かなくてはいけないのに股関節が

1とか2しか動かないとどうなってしまうの

かということです。

 

 

そうすると腰は本来の5という動く範囲を超

えて8とか9動くことになってしまうんです

ね。このように本来動く範囲を超えて動きす

ぎてしまうことで痛くなってしまうわけです

 

 

また股関節の動きが悪いということは股関節

の周りの筋肉が硬くなっているのでそこに腰

の筋肉が引っ張られてやはり腰が痛くなって

しまうんですね。

 

 

動きすぎや引っ張られることによって痛めて

しまうということになります。

 

 

ということはこのケースであれば股関節の硬

さをしっかりとってあげれば腰が動き過ぎる

事ってなくなるじゃないですか。だから腰痛

は良くなっていくんです。

 

 

コルセットが必要なケースというのはぎっく

り腰の時になります。

 

ぎっくり腰の時にはコルセットが必要になる

というふうに私は考えているんです。

 

 

股関節をまた例にとりますけれども、座

りっぱなしとか、立ちっぱなしとかでもいい

のですが、股関節が硬くなり股関節周りの筋

肉が硬くなってしまうと、いざ動こうとした時

 

 

股関節が動かないので、腰が動き過ぎてしまう

んですね。

 

 

股関節が5動かないといけないのに1とか2し

か動かないと腰がその分多めに8とか9動いちゃ

うので、その時に腰骨の狭い関節が動き過ぎで

グキ゚ッと捻挫するわけですね。

 

 

この捻挫した状態がぎっくり腰ということになり

ます。

 

 

あるいは股関節の周りの筋肉が緊張して腰の筋肉

を引っ張って引っ張って最終的にプチッと腰の筋

肉が傷ついてしまう。

 

 

このように筋肉が傷ついてしまったり関節が捻挫

してしまったりするのがぎっくり腰なんです。

 

 

この時、傷の痛みがおさまるのには2、3日から

1週間はかかるんですけれども、ではどうやって

治療していくかというと、実際、腰は痛いかもし

れません。なぜなら腰に傷があるわけです。

 

 

でも、それではその傷を作っている原因は何なの

かというとそれはこのケースで言うと股関節の硬

さなんですね。

 

ということは、股関節の硬さをとってあげれば腰

の痛みは治まってくるんです。なぜなら腰の傷が

引っ張られなくなることによって傷口が閉じる方

向にいきますから。

 

 

つまり、傷をふさいだ状態にしてそこに絆創膏を

張るようなイメージになります。

 

 

傷をふさいだ状態にすること。やはりこの原因の

治療がまず大切です。そしてそのあとで絆創膏の

役割としてのコルセットという形になります。

 

 

ですから、ぎっくり腰の方が私の治療院に見えら

れたらまず痛みをとってその後でコルセットです

腰に絆創膏を貼るような感じで固定します。

 

 

早くて2、3日、長くて1週間くらいコルセット

で固定しておいてください。とお伝えします。

 

 

そして、腰の傷が癒えたら、また股関節周りの筋

肉が硬さを作らないように施術をしていったり、

患者さんご自身でもできるセルフケアをお伝えし

ていったりすると腰に傷ができることを予防でき

るんですね。

 

 

このようにケアするとぎっくり腰にならずにすむ

んです。

 

 

このような形でコルセットは使うことがあるんで

すね。

 

 

ではもう一つコルセットを使ってはいけない場合

について次にお伝えします。

 

 

一言でいうと慢性腰痛の場合です。

慢性腰痛の場合は私はコルセットを使ってはなら

ないと考えています。

 

 

なぜかということですが、また例をもって説明し

ていきたいのですが、慢性腰痛というのもぎっく

り腰になる手前の状態です。

 

 

また例をとって股関節が硬いとしていうと股関節

が動いてくれない分腰が動き過ぎてしまって、痛

みが出たりとか、固くなることで引っ張られて痛

みが出たりしているんですね。

 

 

それが行き過ぎるとぎっくり腰になるんですけれ

ども、慢性的に腰に痛みが出ている場合にはコル

セットを腰にしてしまうと股関節を固定すること

になってしまうわけです。

 

 

確かにコルセットを巻くことは腰の動きも制限し

ますから動き過ぎを予防できて楽かもしれません

 

 

楽かもしれませんけども、これでは原因を解決で

来ていないので外したら腰の動きすぎてしまう状

態。つまり腰の痛み自体は全然改善していないと

いうことになるんですね。

 

 

それだけでなくより股関節の硬い状態を作ってし

まうことになってしまうんです。

 

 

だから、その場しのぎのことをするんではなくて

しっかりと原因の股関節の硬さを取ってあげる。

 

 

原因をとれば、腰が動き過ぎることはないですよ

ね。股関節がしっかり動く状態になれば腰が引っ

張られることもないじゃないですか。

 

 

というところで慢性腰痛に対してずっとコル

セットを巻いているということは原因を大きくし

てしまいかねないんですね。

 

 

このような理由から慢性腰痛の方にはコルセット

で腰の痛みをごまかすということを私はおすすめ

していないのです。

 

 

ちゃんと原因を解決しましょう。

 

 

とお伝えしています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの

腰痛でお悩みのあなたへ

 

原因へのアプローチで根本改善する旭整骨院に

ご相談ください。

 

藤枝市にある腰専門施術院

みちる施療院

 

厚生労働大臣認可 柔道整復師

厚生労働省

 

日本オステオパシー連合認定 登録オステオパス

日本オステオパシー連合

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

私に一度ご相談ください。

無料相談はこちらへ

―福井純一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【藤枝 頭痛】動くのもやっとという状態でした。

こんばんは!本日も頭痛で来院された

お客様の声を紹介します。

 

病院に行っても整体を受けても良く

ならなかった頭痛。

 

なかなか良くならず身体も重くな

り、動くのもやっとという状態まで

いってしまったお客様。

 

みちる施療院へ来院されたのですが

その結果はどうだったのか?

 

 

Q最初当院に来られた時の体の症状などを教えて頂けますか?

Aあの時は頭痛と体中が重たくて動くのもやっとという感じでした。

 

Q当院に来られる前にその症状に対してどこかで治療を受けたり何か対策をとられたりされましたか?

Aその時々でかかっています。例えば整形外科に行ったりだとか整体を受けに行ったりいろいろなことをやっていました。

 

Qそれでも良くならなかったですか?

Aその時、やっていただいている時はきもちいいとか、薬を飲めば少しは改善ということにはなりますけどそれが持続するということはなくて、また同じようにっていうそれがだんだんひどくなるという感じです。

 

Q当院に来ていただいてその後ですね体の変化だったりだとかいかがでしたか?

A施術をしていただいて、すぐ、ですよね。感じたのは、朝起きたときにすごく体が楽だなと、あれ?私もっと体重かったよねと思って、自分を観察してみると朝が楽になっている。起きた時が。それをすごく感じました。

それで続けてみようかなって思ったんです。

 

Q頭痛に関して来院されて1カ月以上経ってきているんですけれども、普段、その頭痛の症状の方はどんな感じですか?

Aもう薬を飲むことが全然なくなりました。これまでは薬を飲むと効くのでもう常備薬のように飲んでいたんですね。これ以上ひどくなったらと思ってすぐ、飲んでたんですけど。今はもう、たぶん治るって思う精神的なものもあるかもしれないんですけど飲まないで治りますね。

 

Q当院の施術を勧めるとしたらどんな方に勧めてみたいですか?

Aやっぱり主人ですかね。家族とか身の回りの大切な人に伝えたいです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとう

ございます。

 

もしあなたが頭痛や肩こり悩み

「どこに行けば良くなるの?」と

改善できる治療院を探しているのなら

 

原因へのアプローチで根本改善する

みちる施療院へ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

藤枝市にある腰専門施術院

みちる施療院

 

厚生労働大臣認可 柔道整復師

厚生労働省

 

日本オステオパシー連合認定 登録オステオパス

日本オステオパシー連合

 

 

【頭痛 解消】お客様の声

皆様こんばんは。藤枝市にある腰痛専門整骨院

みちる施療院院長の福井純一です。

 

本日もブログをご覧いただき誠にありがとう

ございます。

 

数回にわたり肩こりについて書いてきました

肩こりがひどくなると首こりになり首こり

が進むと頭痛になるということだったので

 

今日は頭痛薬が手放せない慢性的な頭痛と

肩こりで以前に来院されたお客様の声の

紹介になります

 

ちなみにファインドイットは2015年までの

みちる施療院の旧名称です。

それではどうぞ

 

以下文字起こし

Qファインドイット(2015年までの旭整骨院の屋号)に来られる前にどのような悩みを抱えてこちらに来るようになりましたか?

A頭痛ですね。もともと頭痛持ちではなかったんですけど、8年前の妊娠をきっかけに、頭痛がよく起こるようになってきて、ひどいときには一カ月の半分くらい頭痛だった時もあって、それを悩んでいてですね。

 

Qそのような悩みを抱えていたことで何か生活面で支障をきたしたことはありますか?

A仕事とかにも集中できなくて、常に頭の中が曇りがあって、頭痛のない日でも、なんとなくすっきりしない。お天気と関係していたので空ばっかり見るような感じ、「晴れてきたから頭痛薬持ってこないと」とか「曇ってきたから頭痛薬を飲まないと」っていう感じで、家族からも「お母さん頭痛くなりそうだからちょっと待ってて」という感じでしたね。なのでほとんど頭痛薬で、病院とかにも行ったんですけど、とにかく頭痛薬は常に持っている。お出かけするときにも主人に「薬局に行って」って感じで、頭痛薬がないと外に出れないという感じでした。

 

Qファインドイット(2015年までの旭整骨院の屋号)に来られてから、体がどのように変化しましたか?

A初めて来たときはなんだかよくわからないけれどすっきりした感じがして、頭痛がすぐに解決したっていう感じではなかったんだけど、来ているうちにあんまり頭痛を思わなくなったのと、それより前に仕事に集中できるようになったなと思って、今は頭痛が一カ月に一回もないかな。忙しくなってくるとわーっというのはあるけれども、それでも頭痛薬を持つということはほとんどなくなりました。

 

Q当院は何が他院と違いますか?

A今までは、頭痛とか肩こりとかもあるので、肩もこってその先に頭痛というのも多かったんだけど、そういう時にマッサージとかに行って、だいたいいつも90分コースとかやってもらっても気分的に楽になったけれども家に帰るころには「あんまり変わらないなぁ」という感じで、何も解決しなかった。病院もたくさんいったしマッサージも結構行ったけれども、解決しないなということはずっと思っていて、根本的な解決になっていないと思いながら通っていたんですね。

 

それが、ここだったら「解決するかも」って思ったので、実際にほとんど薬飲まなくなったので、本当にまず薬を飲むことがないので、そこが大きく違うかなと。

 

Q当院を勧めるとしたらどんな人に勧めてみたいですか?

Aそうですね。自分が片頭痛だったのでとりあえず片頭痛持っている方には、ぜひ試してみてもらいたいと思うし、あと肩こりとかに悩んでいる方、うちの母はぎっくり腰で来させていただきましたけど、そういう方も是非と思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤枝市にある腰痛専門施術院

みちる施療院

 

厚生労働大臣認可 柔道整復師

厚生労働省

 

日本オステオパシー連合認定 登録オステオパス

日本オステオパシー連合

 

 

【肩こり 整体】肩こりと腰痛を同時に良くする方法

 

皆様こんばんは!藤枝市にある整体院

みちる施療院院長の福井です。

 

 

本日もブログをご覧いただき誠にあり

がとうございます。

 

 

前回の続きとして肩こりに関してお送

りしたいのですが、腰専門ですが肩こ

りについて伝えていきます。

 

 

前回までブログをご覧いただいた方に

はおわかりいただけると思いますが、

肩こりと腰痛とはセットなんですね。

 

 

肩こりがある方で腰痛もある方は多い

ですし、腰痛をほっておくと肩こりに

なってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

そしてこの肩こりと腰痛を別々のもの

としてとらえてしまうとやっぱりよく

ならないです。

 

 

前回のブログではなぜ肩こりが起こる

のか?ということを伝えていきました

 

 

結論からいうと肩甲骨の位置異常です

よ。ということでした。

 

 

肩甲骨の位置が悪くなってしまってい

るから引っ張られてしまって痛くなって

いる。

 

 

だから首、肩をもんでも良くならない

ですよ。ということを伝えました。

 

 

根本的には肩甲骨を戻すようにしない

といけないんですね。

 

 

そして、そのためには肩甲骨を悪い位

置に動かしている筋肉(胸や脇)の調整

をしていく必要があるということです

 

 

引っ張っている筋肉らを引っ張らせな

いようにすればいいんですね。

 

 

その後は肩甲骨の位置を戻すように、

肩甲骨をはがすようにストレッチを入

れていくといい状態になってきます。

 

 

そこで、肩こりを治すと腰痛も治ると

いうことなんですけど、このパターン

は肩甲骨由来の腰痛において多く起こ

る現象です。

 

腰の動きでいうと、左右にひねった

り、後ろに反ったりしたときに出る

痛みになります。

 

 

このような形の腰痛をお持ちの方か

つ、肩こりもある方っていうのは、

肩甲骨由来であることが多いです。

 

 

腰痛の原因が肩甲骨の位置異常。

ということが結構多くあります。

 

 

このようなケースの腰痛の方は骨盤

矯正を受けても意味がないです。

 

 

なぜならそもそも骨盤に原因がなく

肩甲骨が原因だからなんですね。

 

 

ですから肩甲骨の位置を元に戻すよ

うに調整を行っていくことがどうし

ても必要になります。

 

 

それで本日の内容は肩こりと腰痛を

同時に良くする方法という内容です

 

 

なぜ肩こりの根本調整を行うと腰痛

が改善するのか?今日はその理由を

解説していきたいと思います。

 

 

肩こりの原因は肩甲骨の位置異常で

あるということをお伝えしました。

 

 

具体的には肩甲骨が本来あるべき位

置から外側に移動した状態になるん
ですね。

 

 

それで肩甲骨というのは浮船なんで

す。浮船でないといけないんです。

 

 

このようにしっかり手が肩甲骨に入る

状態ですね。

 

 

指がしっかり入って肩甲骨が動くよう

な状態ができればいいんですけれども

 

 

猫背の方は背中にぴったりくっつい

ちゃうんですね。肩甲骨が浮いている

状態を作れないんです。

 

 

べったりくっついちゃっていて肩甲骨

が動かない状態になっているというこ

とになります。

 

 

埋め込まれて埋没しているような状態

になっているということなんですね。

 

 

そうすると肩甲骨が外側に移動して肩

こりが起こってしまうわけですが、そ

れだけでないんですね。

 

 

先ほどお伝えした腰をひねる動きの時

には腰だけが動くのではなくて、肩甲骨

も動かなくちゃいけないんです。

 

 

ですから、肩甲骨が動かない状態に

なっている方というのは体が十分にひね

られないんですね。

 

 

行かないんですけど行こうとするとき

に、今度は腰が無理して動いてしまう

ということになります。

 

 

本来腰が動く範囲を超えて動いてはい

けないところまで動いてしまうという

ことなんです。

 

 

だから腰が痛くなるんですね。

 

 

肩甲骨がしっかり動いてくれれば、腰

が動き過ぎで痛めることはないんです

 

 

例えば数字で言うと本来腰が動く範囲

は5だとします。

 

 

腰をひねる際に肩甲骨がしっかり動け

ば腰は5動くだけですむんです。

 

 

でも、肩甲骨が動かない方はしっかり

後ろが向けない状態で止まってしまう

んですね。

 

 

そうなると腰が動く範囲の5を超えて

7、8、9という形でひねられ過ぎて

しまうんです。

 

 

そうすると腰が動き過ぎで痛くなって

しまうんですね。

 

 

反るときもそうです。腰が5動いてそ

れ以上反るときには肩甲骨が動いて反

る動きが完成するのに、肩甲骨が動か

ないことによって腰が5までしかいか

ない所7.8.9と行き過ぎてしまう

んですね。

 

 

腰を後ろに反らせるときに肩甲骨も

しっかりと動いてくれれば腰が動き

過ぎることなく本来動くべき範囲内

なので痛めることがないわけです。

 

 

このような理由で肩甲骨の動きを戻

してあげれば、腰の痛みも良くなる

わけですよね。

 

 

腰が痛いからと言って腰を治療して

も良くならないということがわかり

ますよね。

 

 

なぜなら肩甲骨が動いていないから

腰が動いちゃいけないところまで動

いてしまって痛いからです。

 

 

腰の骨の関節は非常に狭いんですね。

非常に狭いので可動性がそんなにある

わけではないんです。

 

 

その腰の関節が動き過ぎることが腰

を痛める原因になっている。

 

 

これが慢性腰痛で悩んでいる方が腰

をあっためたり注射したりマッサージ

しても全く良くならない理由です。

 

 

だから肩甲骨の動きを良くしてあげる

と、腰をひねる動作とか後ろに反る動

作がすごく良くなるんですね。

 

 

腰が動き過ぎないですむからです。

 

 

このようなわけで私の治療院では肩こり

と腰痛は一緒に治療してしまいます。

 

 

原因が一緒だからですね。

 

 

この記事をご覧になっているあなたがも

し、肩こりを併発されていて困っておら

れる。あるいは、肩こりだけでもほって

おくと腰痛になる可能性が非常に高いの

で今のうちにしっかり対処しておいた方

が良いです。

 

 

もし、ご質問等あれば下にメールの問い

合わせページをリンクしておきますので

そこからご質問、お問い合わせをくださ

い。

 

 

本日も最後までご覧いただき本当にあり

がとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

静岡・藤枝市・島田市にお住いの

腰痛だけでなく肩こり・頭痛でお悩みのあなたへ

 

原因へのアプローチで根本改善するみちる施療院に

ご相談ください。

 

 

藤枝市にある腰痛専門施術院

みちる施療院

 

厚生労働大臣認可 柔道整復師

厚生労働省

 

日本オステオパシー連合認定 登録オステオパス

日本オステオパシー連合

【肩こり 原因】肩こりから頭痛の原因

 

こんばんは!!本日もブログをご覧いただ

き本当にありがとうございます!

 

前回のブログで肩こりの原因は腰痛と同じ

なんですよ。ということをお伝えしました

 

 

実際に当院に腰痛が一番の悩みで来られて

いる方で、肩こり、頭痛にも悩んでいると

いう方がたくさんおられるんですね。

 

 

そして、これらの症状をすべて別々に考え

てしまうと治らないんです。ということを

前回お伝えしました。

 

 

根本的に肩こりを治すには、腰痛の治療を

しっかり受ける事が必要になるということ

なんです。

 

 

なぜかというと原因が同じだからというこ

となんですよね。

 

 

私が良く患者様にお伝えする内容として痛

みはつながっているんですよ。というもの

があります。

 

 

なので別々に考えて首や肩をもみもみした

からと言って良くならないんですよ。

 

 

本日の内容は前回の続きになるんですけれ

ども、肩こり、首こり、頭痛ってなぜ起こ

るのか、皆さまはご存知でしょうか?

 

 

確かに肩がこるので肩をもみもみしてもそ

の時はきもちいいかもしれませんけど、す

ぐもどりますよね。

 

ですから今日は肩こりが戻らなくなるた

めに、肩こりの起こるメカニズムからお

伝えしていきたいと思います。

 

 

この内容を知ることで肩こり、首こり、

首こり、頭痛を予防することもできます

し、改善することができるんですね。

 

 

では早速行きたいと思います。

 

 

肩こり、首こり、頭痛は実はドミノ倒し

に起こる症状です。

 

 

つまり

肩こり→首こり→頭痛

 

この順番で進んでいきます。

 

 

まず最初に肩の筋肉が硬くなって緊張し

てきます。

 

 

肩のこの部分の筋肉が肩こりの筋肉です

この部分が伸ばされている状態だと

思ってください。

 

 

 

 

そうするとその部分が嫌になってきて緊

張して痛くなってきます。痛くなってく

るとこの筋肉というのは

 

 

 

 

この頭の所からこのようについている

 

「僧帽筋」

 

という筋肉なんですけれども、肩こり

のメインの筋肉になります。

 

 

この僧帽筋はまず首から肩の肩甲骨に

ついていますね。ですからこの部分が

緊張すると肩が痛くなるんですが、首

の部分にもついていますので

 

 

首もこってくるわけです。

 

 

そして最終的に上は頭にもついていま

すので、この頭の部分まで緊張する事

によって、神経や血管を圧迫して頭痛

という症状が出てくるんですね。

 

 

頭痛は様々な種類があるので一概に言

うことはできませんが、肩こりから首

こりになって最終的になる頭痛が

 

「緊張性頭痛」

 

というものになります。

 

 

このようなメカニズムで頭痛になる方

がとても多いです。

 

 

ですからこの順番になるんですね。

 

肩こり → 首こり → 頭痛

 

まずこのことを理解しておいてください。

 

 

ここから重要な本題に入っていきます。

 

 

では、なぜこの肩こりの筋肉が緊張を起こ

すのか?

 

 

この肩こりの原因をあなたが知ることに

よってなぜ肩をもんだり、首をもんでも

良くならないのか?ということがわかる

んです。

 

 

答えは「肩甲骨」なんですね。

 

肩甲骨とはこの骨です。

 

 

肩こりの筋肉(僧帽筋)はこの肩甲骨から

首、頭とつながっていますから、肩がこ

る方というのはつまりこの肩甲骨の位置

が悪いんですね。

 

 

肩甲骨の位置異常です。

 

 

わかりやすく言ってしまうと猫背ですよ

ね。

 

 

猫背になっている方は肩甲骨があるべき

場所から外側にずれてここにくっついて

いる僧帽筋が引っ張られちゃうことにな

ります。

 

 

なので外側にずれた肩甲骨を元の位置に

戻してあげればくっついている筋肉もゆ

るみますよね。

 

 

この状態だと肩こりは実際に起きないん

です。

 

 

もう、おわかりでしょうか?

 

 

肩甲骨が外側にずれて筋肉が引っ張られ

肩がこって痛い、辛いときに引っ張られ

ている肩の筋肉をつんつんしたりもみも

みしたって引っ張られている状態はその

ままじゃないですか。

 

 

だから、その時は気持ちいかもしれない

ですけど、筋肉を引っ張っている肩甲骨

がそのままだからまたすぐ戻っちゃうわ

けなんですね。

 

 

本当に怖いのはこの引っ張られた筋肉の

まま強い刺激で無理やりほぐそうとグイ

グイやってしまうとピーンと張っている

所を刺激するわけですから

 

 

ギターの弦のような状態になるんですね

 

 

張りが強すぎる弦をツンツクツンツク

やったら最悪

 

 

ぶちっ

 

 

と切れてしまうんですよ。

 

 

これがいわゆる揉み返しのメカニズムで

すよね。

 

 

だから引っ張られている筋肉をつんつん

やっても肩こりは根本的に治らないんです

 

 

引っ張っている原因をいかにしっかり調整

していくかということが必要になります。

 

 

肩こりの原因=肩甲骨の位置異常

 

 

この肩甲骨を外側に引っ張っている筋肉達

これが黒幕ということになるわけです。

 

 

具体的には胸の筋肉や脇の下の筋肉になり

ます。これらの部分が緊張する事によって

肩甲骨が引っ張られ外側にずれてしまうん

ですね。

 

 

ですから結論はこうです。

 

 

肩こり、首こり、頭痛を根本的に治すには

原因となる肩こりの筋肉の緊張を作ってい

る肩甲骨の位置異常を作っている筋肉を

的確に調整する。

 

 

一言で言うと肩甲骨を元に位置に戻す。

ということです。

 

 

肩甲骨を元に位置に戻そうとしても肩甲骨

を外側に引っ張っっている筋肉を調整しな

いとなかなか元に戻ってくれません。

 

 

だからそれらの筋肉に的確に調整を行って

いくことが必要なんです。

 

 

それでは今日はここまでになります。

本日も最後までご覧いただき本当にありが

とうございました。

 

 

あなたの肩こりがしっかり根本からよくな

りますように!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの
腰痛だけでなく肩こり・頭痛でお悩みのあなたへ

原因へのアプローチで根本改善するみちる施療院に
ご相談ください。

藤枝市にある腰痛専門施術院

みちる施療院

 

厚生労働大臣認可 柔道整復師

厚生労働省

 

日本オステオパシー連合認定 登録オステオパス

日本オステオパシー連合

―福井純一

【肩こり 整体】根本的に良くなる肩こり施術をお探しのあなたへ

皆様こんばんは!!藤枝市にある腰痛専門
整体院みちる施療院院長の福井です。ブログを
ご覧いただき誠にありがとうございます。

先日メールで

「腰痛もあるのですが、辛い肩こりの予約
でも大丈夫でしょうか?」

というお問い合わせがありました。

このような疑問をお持ちの方が他にもおら
れるのではないかと思いまして

本日は肩こりでお悩みの方に向けてお送り
したいと思います。

当院は腰専門という形の整骨院ですが、
肩こりや首こりや頭痛で悩まれている方は
とっても多いんですね。

実際、日々の施術の中でも

「先生、腰も痛いんだけど、肩がすごく
こって、頭痛もするんです」

という方が良くおられます。

このような中で私がいつも患者様に説明し
ている内容をお伝えしていきます。

まず結論から言いますと

当たり前ということです。

腰痛と肩こり、首こり、頭痛はセットなんで
すね。

あまり嬉しくないセットですけど、事実とし
てこれらの症状はセットであるということで
す。

では、なぜこれらの症状がセットなのか?

答えは・・・原因が一緒だから
です。

もう感の言い方はおわかりですね。
そう、腰痛の治療をしていけば、肩こりも実
際に良くなっていくんですね。

その理由は原因が一緒だからです。

ですので、本日、腰痛もあるけど辛い肩こり
頭痛に悩んでいるあなたが、もし

「旭整骨さん行きたいんだけど腰専門だから
行っても腰だけしか治らないのかしら?」

このように思っていて

腰痛、肩こりを別々のものと考えているので
あればあなたの腰痛や肩こりは実際治ってい
かないです。

その場しのぎの効果は得られるかもしれませ
んが、根本的に痛みが戻らない状態というも
のは実現できないんですね。

肩こりと腰痛は原因が同じですから肩こりし
か症状がありませんという方もほっておけば
腰痛になる可能性があります。

あるいは腰痛しかありません。という方も
その腰痛の症状をほっておいて原因をその
ままにしておいたら、今度は肩こり、頭痛
になる可能性がとても高いということなん
です。

次回は肩こり、頭痛はなぜ起こるのか?と
いう内容をお伝えして、その原因が腰痛と
同じであるという点について説明していき
ます。

まとめますと

1.腰痛だけでなく、肩こりや頭痛も
持っていて悩んでいるという方はたく
さんおられるということ、

2.そしてこれらの症状は原因が一緒
であるということ、

3.だから、原因に対する治療を受け
れば一つの症状だけでなくすべての症
状が良くなっていくんですよ。

ということを伝えていきました。

次回は肩こり、頭痛のメカニズムについて
書いていきます。

何かご質問やご相談がある方は下の問い合わ
せリンクを貼っておきますので必要事項を記
入してメールください。

今すぐ施術をご希望の方は下記のHPリンク
からHPに入ってお電話でご連絡をお願いい
たします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの
腰痛だけでなく肩こり・頭痛でお悩みなら

藤枝市にある腰痛専門整体院 みちる施療院へ

原因へのアプローチで根本改善するみちる施療院に
ご相談ください。

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一

【藤枝 腰痛 】当院のアプローチ 筋膜 

こんにちは!藤枝市の腰痛専門整体院
旭整骨院の福井です。ブログをご覧いた
だき誠にありがとうございます。

今日は当院の施術についてご説明します。

先生は何をしているんですか?

腰が痛いのにお腹を触ったり
脚を触ったり、肩を触ったり・・・

確かに最初私の施術を見た方は
おかしい治療?に思えるかもしれません。

痛いといわれた場所を触ることはまず
ありません。

でも、良くなるんです。

なぜか?

今日はそのカラクリについてご説明しま
す。

答えから言うと「筋膜」を介しての施術
を行っているからということです。

人の体は絵を描くとわかりますが、手が
あって脚があって、口があって耳があっ
て・・・と一つ一つ別々のものが集まっ
ているということではなくて、

体全身がつながっているということなん
です。

この全身をつなげているものが「筋膜」
になります。

筋膜はいわば全身タイツのような形で
全身を包んでいます。もじもじくんを
イメージするとわかり易いと思います。

目だけ出ていて全身タイツをはいてい
ますよねああいった感じで私たち人間
も筋膜という天然のタイツをはいてい
る状態なんです。

ではこの筋膜を使うことで何がわかる
のか?

具体的な話をしていきますと、例えば
足を捻って痛めたとします。

そうすると、痛いから動かさなくなり
ますよね。するとどうなるかというと
動かさないことによって関節が硬くな
ってしまうんです。

カッチカチにかたまっちゃいます。

カッチカチにかたまっちゃうとどうな
るのかというとですが、

これは実際にやってみるとわかり易い
のでやってみていただきたいのですが
膝を伸ばしてズボンの足首のところを
グッとつかんでください。

強くつかんだ状態で伸ばした膝を曲げ
ようとしてみてください。

いかがですか?

明らかに曲げにくいことがわかると思
います。

例えばこれが足首を痛めたのではなく
て盲腸の手術をしたとしましょう。

すると右の下腹部に筋膜の緊張がある
状態となり、その部分に緊張があるた
め右の肩が挙がりにくいという状況に
なるわけです。

例えばボウリングやバトミントンをや
っていて右肩を痛めたとします。

「あーっ肩痛めたな~」

すると右肩の部分が硬く
なってそこに引っ張られ、首を倒す動
作が右は普通に倒せるけど左はなんか
つっぱるな~という形になるわけです。

というように、やはりこの人間の体は
全身タイツのようにしてつながってい
ます。

で、このつなげてくれているのがこの
「筋膜」というものになります。

筋膜の主な働きとしては筋肉を働きや
すい状態にしてくれているということ
なんですね。

例えば筋肉単体だったら腕の力こぶ?
を作ろうとして

「えいっ」と力を入れて肘を曲げると

力こぶの筋肉(上腕二頭筋)がぼこっと
飛び出してしまうわけです。

その筋肉を表面から覆って抑えてくれ
ていることで筋肉が飛び出さないんで
すね。

そしてこの筋膜が筋肉を抑えてくれて
いるおかげで最小限の力で大きな関節
の動きができるようになっています。

もし、筋膜が無ければ肘を曲げたとき
に縮んだ筋肉がボコッと出てしまい。

反対側の伸ばされる筋肉は伸ばされ過
ぎて痛いということになってしまうん
です。

でもこの筋膜があるおかげでそうなら
ない。

イメージでいうと潤滑剤のような働き
をしてくれることによって筋肉が働き
やすい環境を作ってくれているという
ことなんですよね。

筋膜が筋肉の表面を覆っていて、スラ
イドするようにして動いているので曲
げやすかったり伸ばしやすかったりす
るわけです。

だから全身を動かしやすくしてくれて
いるのがこの筋膜になります。

筋膜は全身を包んでいる膜なので、逆
に硬くなってしまうと別の関節の動き
を悪くしてしまうということになりま
す。

先ほどの盲腸の例でもそうですが、盲
腸で手術してその後で右下腹部の緊張
がある場合、関節の動きとしては右肩
の痛みつっぱりという形で症状が出て
くる。

と言うことになるわけです。

となると、肩が痛いといって肩をもん
でも、肩が挙がらない理由ってお腹の
筋膜にあるわけですからそれでは治る
わけないんですね。

この筋膜が原因になって痛み、コリの
原因になっていることがすごく多いと
いうことです。

例えばお尻のしびれが、肩甲骨の調整
でとれるといったことはよくあること
なんですね。

ですからまとめると

筋膜というのは全身タイツの様になっ
ている。

私はこの筋膜を使って色々な場所に対
する施術を行います。

例えば腰の痛みを持っている患者様で
も筋膜の緊張をみながら首を調整した
り足を調整したり膝をみたりというこ
とはよくあります。

そして逆に腰が痛いという方に腰だけ
を見るということはほとんどないです
ね。

ですからこの記事を見ていただいたあ
なたに知っておいてほしいのは、

【痛みのある所に原因があるとは限ら
ない】

ということです。

例外として、もちろん例えばケガをし
てぶつけてそこを痛めたということで
あればありえますけど、

それ以外の慢
性的な症状、腰痛だったりだとか、肩
こりだったりだとか、膝の痛みだとか、
3年以上のものというのはこの筋膜の
治療で改善する確率が非常に高いですね。

ですのでこの膜のどの部分が悪いのか?

腰が痛くても、肩が悪いかもしれません
し膝を治療したほうがいいかもしれませ
ん。

それがどこかというのを筋膜の緊張をみ
ながら行っていくということが非常に大
切になりますのでぜひ覚えていただけれ
ばと思います。

それでは、今日は当院の施術である筋膜
の調整と考え方についてお伝えしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの
腰痛でお悩みのあなたへ

腰専門の旭整骨院にご相談ください。

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一

【藤枝 産後の腰痛】安産のための骨盤ケア

こんにちは!藤枝市の腰痛専門整体院旭整
骨院院長の福井純一です。

ブログをご覧いただき本当にありがとうご
ざいます。

安産になるための骨盤ケアをお送りします

安産で大切になるのが骨盤、股関節のやわ
かさです。特に身体が硬い方や運動不足で
体力がないといった方は出産時に苦労する
可能性が高いです。

なぜならば、もし骨盤や股関節が硬いまま
で出産を迎えると、出産時にに極限まで開
く骨盤の動きがスムーズにいかなくなるか
らですね。

更にこの骨盤、股関節の硬さがある方は
腰痛や恥骨痛といった妊娠初期におこる
不調も体験されることが多いです。

逆にきちんとしたケアと意識によって骨
盤ケアをすることで誰でも簡単に良い状
態を作ることが出来ますのでぜひ参考に
してください。

股関節の硬さはどこから来るのかというと
骨盤~腰にかけての筋肉の緊張からになり
ます。

では骨盤~腰にかけての筋肉の緊張はどこ
からくるのか?というと・・・
以前にお伝えしたあの骨盤を開く悪い姿勢
からくるのです。
このような前のめりの姿勢ですね。


骨盤にとって
悪い姿勢

そして、骨盤にとって悪いこの腰のバラン
スのこのような姿勢が続いているとどうな
るのかというと股関節が開かなくなってき
ます。

なぜ股関節が開かなくなるのかといいます
と、この前のめりの姿勢になると骨盤が開
く方向にいき、不安定になるため、骨盤周
りの筋肉が一生懸命支えようとして緊張す
るからです。

股関節が開かなくなる理由はこの前のめり
の姿勢が続くことによって骨盤が開きその
ことによって不安定になった骨盤バランス
を支えるために骨盤の周りの筋肉が硬くな
り股関節が開きにくくなるというメカニズ
ムなんですね。

ですから根本的には姿勢を気をつけるとい
うことになります。

このような姿勢をとるように意識してくだ
さい↓

 

 

「えっそれで終わり?」

と思いましたか?もちろん終わりではあり
ません。

この姿勢を気をつけることは前提としてそ
れでもやはり骨盤周囲の筋肉は緊張してし
まう部分があるわけですね。それで股関節
の柔軟性は日々ケアしていくことが大切に
なります。

股関節をやわらかくするためのエクササイ
ズですが、股関節そのもののエクササイズ
ではありません。

腰のバランスを戻す。そのような目的のエ
クササイズになります。

やり方


1、 床に座り両足裏を合わせる。


2、腰のラインをまっすぐに保ちながら
手を前につきそのまま伸ばしていく
この時に口からゆっくりと息をはき
ながら行います。
3、伸ばせるところまで4秒かけて伸ば
し元の位置まで4秒かけてもどしま
す。

伸ばすときに口から息を吐き戻す
時は鼻から息を吸うようにしてお
こなってください。

正しい腰のバランスがとれなければ股関
節は開きません。このエクササイズを行
うことで股関節の硬さを確認することが
でき、骨盤~腰の正しいフォームを身に
付けるくせがつけられます。

ぜひ毎日行ってください。
そして安産になりますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの産後の
腰痛でお悩みのあなたへ

腰専門の旭整骨院にご相談ください。

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一

【藤枝 産後の腰痛】骨盤ケア

こんにちは!藤枝市にある腰痛専
門整体院 旭整骨院 院長の福井です。

ブログをご覧いただき本当にあり
がとうございます。

少し暖かくなってきましたね~!

さてこれから

「安産になるための骨盤ケア」

について書いていきます。

現在妊娠している、これから出産を迎える
という方に役立てばうれしいです。

健康な妊婦生活を送りかわいい元気な赤
ちゃんを生みたい。これが多くの妊婦さ
んの願いではないでしょうか?

以前に産後の腰痛についてお伝えしました
が、原因は出産前にあるということです。

骨盤ケアと聞くと多くの方が産後、開いた
骨盤がもとに戻る際に起こるゆがみをいか
にしてなおすか?という産後の問題と思っ
ている方が多くいます。

でも実際は産後の腰痛の際にもお伝えした
通り、妊娠してから骨盤が緩み始めるその
段階に原因があり、この時から正しい骨盤
ケアは必要であるということです。

産後の腰痛を予防するには産前から骨盤ケ
アについて意識することが大切なのであり
ます。

そしてこの骨盤ケアがそのまま安産になる
為の骨盤ケアにもなるんですね。

ですから、産前産後の腰痛も解消しながら
安産にもなるようにこれから書いていきま
すのでよろしくお願いします。

以前のブログも参考にしていただけたら
幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの産後の
腰痛でお悩みのあなたへ

藤枝市の腰痛専門の旭整骨院にご相談く
ださい。

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一