筋膜って何?

こんにちは!!

 

 

藤枝市の腰痛専門みちる施療院

院長の福井純一です。

 

ブログをご覧いただき誠にありがとうご

ざいます。

 

本日も腰痛でお悩みのあなたに向けて腰

痛改善のためになる内容ですのでご覧く

ださい。

 

本日、筋膜について説明いたします。

 

 

なぜ、筋膜について説明するのかという

と筋膜について質問が良くあるからです

 

「筋肉とは違うんですか?」

「どこの膜ですか?」

 

このような質問を多数うけております。

 

以前にブログで紹介していますのでその

記事も見てください

 

【藤枝 腰痛 】当院のアプローチ 筋膜 

 

同じ内容を送るのは時間ももったいないの

で今日はこの筋膜が何からできているのか?

という話をします。

 

結論から言うと筋膜は

・コラーゲン

・エラスチン

 

という繊維からできているんですね。

図で見るとこんな感じになります。

 

 

 

 

波のようにグニャグニャ曲がっているのが

コラーゲンで、まっすぐ棒の様に伸びている

のがエラスチンです。

 

筋膜はこのような構造になっていて、例えば

力こぶを作るようにして力を入れると縮みま

す。

 

逆に伸ばそうとするとグーっと引き伸ばされ

るんですね。

 

イメージで言うとエラスチンはゴムです。

 

ゴムはギューッと伸ばしても離すとまたもと

に戻りますよね。

 

コラーゲンはスライムです。

 

コラーゲンは形を変えることが出来る繊維

なんですね。

 

例えば座っている時を想像していただきた

いのですが、ずっと座っているとお尻の形

が変わりませんか?

 

平べったくなっていますよね。

 

それはなぜかというとこのコラーゲンとい
う繊維がグーっと縮んでくれることで中の

筋肉や骨を守ってくれているんです。

 

でも座っている状態から立ち上がると1分

位でお尻の形は元に戻ってきます。

 

それはなぜか?というとこのエラスチンと

いうゴムが引っ張られていてもまたもとに

戻るからなんですね。

 

すると、このエラスチンの周りにあるコラー

ゲン(スライム)が一緒に戻って形も戻してく

れるのです。

 

この筋膜の性質のおかげで例えば外からの

外力、たたかれたとかずっと同じ圧を加え

られても、形を変えてその力を吸収するこ

とによって、中は外力から守られる

 

このような構造になっています。

 

もし筋膜がコラーゲンだけなら凹んだままに

なってしまいますが、エラスチン(ゴム)の

働きによってまたハリのある状態に戻ること

ができるんですね。

 

ですから、例えば昼寝をしてべちゃっと顔に

あとが付いてしまっても、また1分から2分

待つと元に戻ってきます。

 

もちろん年を取ることによって10分経っても

まだ顔のあとがとれない・・・ということもあ

るかもしれません。

 

それは筋膜のコラーゲンとエラスチンが少なく

なる、つまり水分量が減ることによって元にも

どらなくなってしまうということが起きてしま

うからなんです。

 

よく美容で聞くコラーゲンですが、この筋膜の

繊維としても存在していて役にたっているとい

うことを知って頂ければと思います。

 

まとめると筋膜は何か?

 

・コラーゲン

・エラスチン

 

 

 

からできています。

 

その働きはエラスチンがゴムの様に弾力をもつ

ことによって形が変わってもまたもとの状態に

戻してくれる。

 

コラーゲンがあることによって、グーっと圧力

が加えられてもクッション作用を果たしてくれ

るため中身が守られる。

 

この2つの繊維が協力し合うことによって人間

の体がしっかり守られ保たれているということ

をおぼえて頂ければいいと思います。

 

何かご質問等ございましたらホームページの

メールお問い合わせ欄からお問い合わせくだ

さい。

 

それでは本日も最後までご覧いただき本当にあ

りがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市にお住いの
腰痛でお悩みのあなたへ

腰専門のみちる施療院にご相談ください。

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一