【藤枝市 脊柱管狭窄症】「脊柱管狭窄症は治りますか?」ご質問にお答えします。

こんにちは!!

藤枝市の腰痛専門整体院旭整骨院
の福井です。

今日は脊柱管狭窄症は治るのか?
という話をしていきたいと思いま
す。

なぜこの話をするのかというと

一昨日電話でのお問い合わせで

「友人が脊柱管狭窄症なんですけ
どそちらで治りますか」

と聞かれたからです。

脊柱管狭窄症という症状が治るも
のなのか?

治らないものなのか?

現在脊柱管狭窄症でお悩みあなた
にはとても大切な話になりますの
で是非よく読んでください。

脊柱管というのはまず背骨があっ
てその中に脊柱管というトンネル
があるんですね。

このトンネルの中には脊髄が通っ
ているわけです。

脊髄というのは脳とつながってい
る神経の根っこの部分ということ
になります。

そしてこのトンネルが狭くなっちゃ
うと中を通っている脊髄が圧迫され
ちゃうんですね。

この神経を圧迫してしまうのが
脊柱管狭窄症ということになるわけ
です。

脊柱管狭窄症の方の症状として有名
なのが

「間欠性跛行」

になります。

歩いていて腰が辛くなり
足がしびれもう歩けないという状態
になるのですが座って一呼吸置くと
楽になりまた少し歩けるわけです。

あとは尿漏れや頻尿といった膀胱の
障害が出たりすることがあります。

今回私がお伝えしたい本題はここか
らになります。

もしあなたが本物の脊柱管狭窄症で
あれば私にはその症状を改善するこ
とはできない。

治せないということになります。

なぜこのような話をするのかという
と脊柱管狭窄症という診断名がつい
ても本物の脊柱管狭窄症ではないと
いうケースが多くあるからなのです。

実は脊柱管狭窄症には本物の脊柱管
狭窄症と偽物の脊柱管狭窄症があり
ます。

どういうことなのかといいますとあ
る程度の年齢を経て腰が痛かったり
足がしびれたりという方に対して病
院ではレントゲンを撮るのです。

そしてレントゲンを撮った結果背骨
の間が狭くなっていますよっていう
初見をとられたら

「あなたは脊柱管狭窄症ですね」

と診断が下されてしまうことになり
ます。

診断されちゃうんです。

つまりはっきり申し上げますと誤診
のケースがあるということになりま
す。

なぜこんなことをいうのかというと
実際に当院に来られる患者さんで、

病院で

「脊柱管狭窄症と診断されました」

という方が多くいらっしゃいますが、

もし本当に脊柱管狭窄症なのであれば
私には改善することはできません。

なぜならば、本当に脊柱管が狭くなっ
てしまって脊髄を圧迫してしまってい
るからです。

でも、レントゲンやMRI上で脊柱管が
狭くなっているという所見が得られた
としても、

ここがポイントになりますが

実はその部分が症状の原因になってい
ないケースがあるんです。

つまりその狭くなっている部分は無症
状である場合があるということになり
ます。

では足のしびれや腰の辛さの原因はど
こにあるのか?

というとそれは実は

筋肉にあることが多いのです。

筋肉の緊張が神経を圧迫してしびれを
出したり腰の圧迫感の原因になってい
るというケースが非常に多くあるという
事なんですね。

つまりその方の症状は脊柱管が狭く
なっていることが原因ではなくて筋肉
から出ているということになります。

このケースが非常に多くあるというこ
となんです。

つまり坐骨神経痛になっているという
ことになります。

このようなケースの方の場合どのよう
になるのかというと病院では脊柱管狭
窄症と診断されているにも関わらず、
筋肉を緩めてあげることによってしび
れが取れたり症状が改善したりするの
です。

このようなケースがすごく多いという
ことなります。

話を元に戻しますと、「脊柱管狭窄症」
と診断されて本当に脊柱管が狭くなって
おりその部分で神経が圧迫されて症状が
出ている場合では「手術」するしかない

ということになるのですが、レントゲン
やMRIでそのような所見がとれていて

「脊柱管狭窄症」

という診断を受けていたとしても、その
部分が症状の原因ではないということが
多くあるということなんですね。

なので一度疑ってみてください。

本当にこの背骨から来ているのかな?

もしかして筋肉から来ているんじゃない
かな?

こういうことを疑ってみてほしいんです
ね。

もしあなたの脊柱管狭窄症が原因が筋肉
にある偽物であれば筋肉を緩めてあげれば
痛みやしびれはとれるということになるん
ですね。

たとえ脊柱管が狭くなっているという所見
がとれていたとしても、です。

そこから症状が出ていないケースが非常に
多くあるということです。

実際に脊柱管狭窄症と診断されましたと
いってこられて筋肉を緩めることによって
痛みやしびれがなくなったというケースは
結構多くあるんですよ。

もし本当に脊柱管が狭くなっていることが
足のしびれや腰の痛みの原因であれば改善
するはずがないのです。

ですからそのような方は脊柱管狭窄症のよ
うに見えるのですがそこが原因で痛みやし
びれが出ていないということなんですね。

単に坐骨神経痛になっているということな
んです。

十分に改善の余地があるということになり
ます。

だからもしあなたが病院へ行って脊柱管狭
窄症と診断されたという場合でもちょっと
疑ってほしんです。

「私の症状は本当に背骨から来ているのかな?」と
「もしかして筋肉から来ているんじゃないかな?」と

ぜひ一度疑ってみてください。

そうすれば手術しなくてもよくなりますし、
手術をしたとしても良くならないですよね。

なぜならそもそも脊柱管が原因ではないから
です。

このようなケースでは筋肉をしっかりと調整
してあげないと改善しないのです。

ですから、脊柱管狭窄症でお悩みのあなたは
ぜひ一度疑っていただいてください。

本当に私の症状はどこにあるのか?
私の脊柱管狭窄症は本物なのか偽物なのか?

はじめての方は無料相談も行っておりますので
ぜひご利用ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの腰痛で
お悩みのあなたへ

藤枝市の腰痛専門整体院の旭整骨院にご
相談ください。

藤枝で脊柱管狭窄症の整体

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一