【藤枝 腰痛】ぎっくり腰・ヘルニアを予防する姿勢

皆様こんばんは!藤枝市の腰専門整骨

院 みちる施療院院長の福井純一です。

 

職場でできる腰痛のセルフケアについ

て書いていきます。

 

今日は姿勢についてです。お役に立て

れば幸いです。ぜひ参考にしてくださ

い。

 

まず、今回の内容としてデスクワーク

の仕事をされる方向けのセルフケアを

伝えていきますね。

 

腰痛の原因の中でも最も多いケースと

して

 

「腰に悪い姿勢」

 

があります。

 

腰に悪い姿勢で長時間座り続けると腰

にストレスがかかり続けその結果とし

て腰痛になるのです。

 

逆に腰に良い姿勢をとっていればこの

姿勢が原因で起こる腰痛は予防するこ

とができます。

 

では具体的にどのような姿勢が腰に悪

いのか?どのような姿勢が腰に良いの

か?について説明します。

 

下の図のようになります。

左が良い姿勢の図  右悪い姿勢の背骨の図

 

良い姿勢の方はこのようにs字カーブを描

いています。そして悪い姿勢の方は背骨が

C字になっているのがわかりますね。

 

では、次にこの2つの姿勢がおのおのなぜ

腰に良いのか?また腰に悪いのか?という

点について伝えていきたいと思います。

 

まず良い姿勢の方です。

 

背骨はあるべき状態のときはこのようにS

字カーブを描きます。背骨の首と腰の部分

が前にカーブしているのがわかりますね。

 

この背骨のカーブには大切な役割がありま

す。

 

その役割というのが

「重みを吸収するクッション」

なんですね。

 

背骨が前弯カーブを描くときはそれより上

の重みを吸収するクッションの役割を担っ

ています。

 

背骨で前弯しているのは首と腰ですね。

 

首は頭の重みを吸収する役割を果たして

おり腰は上半身すべての重みを吸収する

役割を持っているわけです。

 

ですからこのS字カーブを描いた背骨の

姿勢をキープしていればそれだけでも姿勢

が原因で起こる腰痛を予防できるんですね

 

反対に悪い姿勢の方はこのようにC字にな

ります。

猫背で腰が後ろに曲がった状態です。

このC字の姿勢だと先ほどの重みを吸収す

るクッションの働きが全く発揮されません

 

クッションの働きが機能しないとどうなる

でしょうか・・・・?

 

答えは腰回りの筋肉が代わりに体重を支え

ることになるのです。

 

つまり腰回りの筋肉、お尻の筋肉やももの

筋肉。股関節周りの筋肉が緊張を起こしま

す。

 

そしてある程度は筋肉がストレスを吸収し

てくれますが、この状態が長く続けばあと

は時間の問題です。

 

筋肉が支えられる範囲を超えてしまうと過

度に緊張した腰回りの筋肉は腰以外の関節

の動きを悪くし、腰の動きすぎ状態をつく

りだします。

 

その結果

「ぐきっ」

となり、ぎっくり腰になるのです。

 

ですからまず今すぐできるセルフケアとし

てS字カーブを描く背骨のバランスで座る

様にしてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

藤枝市にある腰専門施術院

みちる施療院

 

厚生労働大臣認可 柔道整復師

厚生労働省

 

日本オステオパシー連合認定 登録オステオパス

日本オステオパシー連合