【藤枝 脊柱管狭窄症】なぜ歩けない?(後編)

 

こんばんは!!藤枝市にある腰痛専

みちる施療院院長の福井純一です。

 

本日もブログをご覧いただき本当にあり

がとうございます。

 

前回に引き続き脊柱管狭窄症についてど

のような対策が望ましいのか?という点

についてですが、一般的によく

 

「姿勢を良くしましょうね」

 

といいますが、これは矛盾していますね

 

脊柱管狭窄症の方に限っては背筋を伸ば

すことで症状が悪化してしまうんです。

 

だから背筋を伸ばして良い姿勢を取りま

しょうね。といってもそれは矛盾してい

ます。

 

背筋を伸ばした方が良いですが症状は悪

化する。だから背中を丸くする。

 

だから狭窄症の症状がでないようにする

ことだけを考えるのであれば常に腰を丸

くしていると症状は出ないです。

 

だからと言って腰を丸めてずっと楽な状

態を続けていては年齢とともに狭窄症の

症状はどんどん、どんどん悪化していく

ことになります。

 

ではどうすればよいのか?

 

答えは・・・・

 

腰が伸ばしやすく、しびれにくい状態を

キープしていって、動ける範囲で運動し

てもらうということなんです。

これが答えでありものすごく大事なこと

になります。

 

では実際に私の治療院で行っている施術

はどんなことをしているのか?どいう事

になりますが、まず脊柱管の中の血流を

良くします。

 

そうすると白血球とか赤血球とかマクロ

ファージとかいろいろな細胞があります

けれども、こういった体の中の邪魔なも

のを食べてくれる細胞があります。

 

脊柱管狭窄症は骨が変形したり靭帯がぶ

厚くなったりして神経を圧迫するものな

んですけれどもやはり体の中の環境を良

くしていくと脊柱管の管の中も通りが良

くなっていくんですね。

 

この状態になるように体内環境を整える

ためにまず、脊柱管の中の血流を良くす

る。これが一つ目です。

 

次に曲がった背骨をできるだけまっすぐ

にしていかなければなりません。

 

ほとんどの方が骨盤が歪んでいたり背骨

歪んでいたり、筋肉ガチガチになってい

たりすごい状態になっているので調整し

ていく必要があります。

 

ただし、それだけ硬くなっているものを

強い力で押したり強い力でひねったりす

るのはリスクが大きいので私の施術では

非常にソフトに調整していきます

 

そのようにして多くの脊柱管狭窄症でお

悩みの方の症状を改善している実績があ

ります。

 

ただし、来られた方の全員が全員しびれ

なくなって普通に歩けるようになるかと

いうとそれは難しいことになってきます

 

少し話が長くなりますが・・・

 

 

狭窄症でも50代くらいの方で急にがく

っときたものはヘルニアを併発している

ことが多くヘルニアが症状を出している

ことが多いです。

 

このヘルニアの場合は施術を進めていく

と症状がどんどん取れてきます。

 

そうすると治ったということになります

 

これに対して本当に狭窄症になっている

場合は急にがくっとなるということはな

くて、徐々に徐々にと言う形で進行して

くるんですね。

 

徐々に徐々に悪くなっていって何かのタ

イミングで歩けなくなったり、徐々に歩

ける距離が短くなっていったり

 

こういったものに関しては完治というの

が難しくなってきます。

 

なぜなら骨の変形があるからです。

 

骨が曲がってしまったり、とげができて

しまっていたりするからなんですね。

 

これらの骨の変形は病院で手術を受ける

しかないのですが、手術を受けるにもリ

スクがありますし、再発の可能性もあり

ます。

 

ですから、話を元に戻すと何が一番大事

なのか?というと今の状態をこれ以上悪

くならないようにキープすることと、今

よりも腰を伸ばしやすい状態を作ること

 

この2つをクリアしつつ、しっかり歩く

ことをしなければなりません。

 

私はこのようなことを目的として施術さ

せていただいています。

 

今日伝えたことをしっかりと理解してい

ただいて、もし私の治療院に来られる場

合でも他の所に行かれるときにもこうい

った知識は頭に入れておくべきです。

 

どこいっても治らないといっているうち

に前よりどんどん悪くなってしまう。と

いうことはよくある話なので

 

そうならないために、何が一番大事か?

 

腰を丸めると楽になる。でもその姿勢を

続けているとどんどん症状は悪化して腰

が伸ばせなくなっていってしまう。

 

だから背骨は伸ばしていかないといけな

い。でも伸ばすと、足がしびれる腰がき

つい。

 

背骨を伸ばしやすくするために施術をし

てもらう。

 

その中で背骨の環境を良くして、いらな

いものを細胞に食べてもらう。自然治癒

力を高めてもらう。

 

そして、以前より腰が伸びるようになり

歩きやすくなる。

 

ここまで来たら今後はこの状態をしっか

り維持していく。

 

このような考え方がすごく大切だと思い

ますので、もし脊柱管狭窄症でお悩みの

方で旭整骨院の施術を受けたいと思われ

る方はお気軽にお問い合わせくださいね

 

それでは本日も最後までご覧頂き本当に

ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤枝市  脊柱管狭窄症 改善なら

腰専門のみちる施療院にお任せください。

 

厚生労働大臣認可 柔道整復師

厚生労働省

 

日本オステオパシー連合認定 登録オステオパス

日本オステオパシー連合