腰痛の根本改善には○○

藤枝市で「唯一」の腰痛専門みちる施療院

院長の福井純一です

 

私が整体院で伝えている『踏み台昇降』という

運動があるのですがなぜこの踏み台昇降を勧め

るのか?という点についてお伝えしたいと思い

ます。

 

慢性的な腰痛・ヘルニア・すべり症・脊柱管狭

窄症の改善その近道は他の何よりも

足を使う事

です。

 

私の院では患者さんに口を酸っぱくして踏み台

昇降を勧めています。

 

その目的の1つに

熱と水分の循環・放出

があるんですね。

 

 

焼肉を想像してください。ジュージュー焼きす

ぎるとせっかくのお肉が硬くなってしまいます

よね?

 

肉は熱が与えられすぎると硬化してしまうのです。

 

人間の筋肉も同じで、熱が溜まると焼肉のお肉と

同じように硬くなってくるんですね。

 

筋肉が硬くなると痛みにつながります。

熱がこもって硬くなった筋肉は、施術で何とか

しようとしても根本的に改善することは出来ま

せん。

 

だから痛み予防のためには熱をいかに効率よく排

出できるかということがポイントになるわけです。

 

人間はある程度無意識に生活していても、

呼吸、発汗、排尿

といった方法よって熱は体から放出されます。

 

ところがだんだん歳を取ったり、体調を崩したり

することによって、尿や汗が出にくい状態となり、

そこから熱が放出されにくい体になることがある

のです。

 

この熱が放出されにくい状態を改善する方法が足

を使う事であり『踏み台昇降』なんですね。

 

踏み台昇降をすれば汗をかいたり、いつもより深

く、さらに長時間呼吸をしたりして熱が効率よく

排出されます。

 

ただし、汗をかくとその分、水分が排出されます

からその分はしっかり水分を補う必要があります。

 

「老けた顔」と聞くとあなたはどんな顔を想像し

ますか?

 

おそらくパサついてシワが出ているような顔では

ないでしょうか?

 

いわゆる「老化」の原因の1つが脱水です。それ

は単に見た目の問題だけでなく、

細胞内脱水が起きる事で筋肉の老化が起き、

やがて痛みなどが出やすくなります。

 

だからこそ細胞内には水分はある程度補給し続け

なくてはなりません。踏み台昇降で汗をかいて、

呼吸をして熱を出し、水分を補給。

 

このサイクルを繰り返しを行う事で水分が保たれ

たまま熱が放出される良い循環が生み出されます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私に相談、直接聞きたいことなどございましたら

下のメールフォームからお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせはこちらから

 

藤枝市で唯一の腰専門整体院 みちる施療院

慢性腰痛も結果でなく原因へのアプローチで改善