【藤枝 産後の腰痛】安産のための骨盤ケア

こんにちは!藤枝市の腰痛専門整体院旭整
骨院院長の福井純一です。

ブログをご覧いただき本当にありがとうご
ざいます。

安産になるための骨盤ケアをお送りします

安産で大切になるのが骨盤、股関節のやわ
かさです。特に身体が硬い方や運動不足で
体力がないといった方は出産時に苦労する
可能性が高いです。

なぜならば、もし骨盤や股関節が硬いまま
で出産を迎えると、出産時にに極限まで開
く骨盤の動きがスムーズにいかなくなるか
らですね。

更にこの骨盤、股関節の硬さがある方は
腰痛や恥骨痛といった妊娠初期におこる
不調も体験されることが多いです。

逆にきちんとしたケアと意識によって骨
盤ケアをすることで誰でも簡単に良い状
態を作ることが出来ますのでぜひ参考に
してください。

股関節の硬さはどこから来るのかというと
骨盤~腰にかけての筋肉の緊張からになり
ます。

では骨盤~腰にかけての筋肉の緊張はどこ
からくるのか?というと・・・
以前にお伝えしたあの骨盤を開く悪い姿勢
からくるのです。
このような前のめりの姿勢ですね。


骨盤にとって
悪い姿勢

そして、骨盤にとって悪いこの腰のバラン
スのこのような姿勢が続いているとどうな
るのかというと股関節が開かなくなってき
ます。

なぜ股関節が開かなくなるのかといいます
と、この前のめりの姿勢になると骨盤が開
く方向にいき、不安定になるため、骨盤周
りの筋肉が一生懸命支えようとして緊張す
るからです。

股関節が開かなくなる理由はこの前のめり
の姿勢が続くことによって骨盤が開きその
ことによって不安定になった骨盤バランス
を支えるために骨盤の周りの筋肉が硬くな
り股関節が開きにくくなるというメカニズ
ムなんですね。

ですから根本的には姿勢を気をつけるとい
うことになります。

このような姿勢をとるように意識してくだ
さい↓

 

 

「えっそれで終わり?」

と思いましたか?もちろん終わりではあり
ません。

この姿勢を気をつけることは前提としてそ
れでもやはり骨盤周囲の筋肉は緊張してし
まう部分があるわけですね。それで股関節
の柔軟性は日々ケアしていくことが大切に
なります。

股関節をやわらかくするためのエクササイ
ズですが、股関節そのもののエクササイズ
ではありません。

腰のバランスを戻す。そのような目的のエ
クササイズになります。

やり方


1、 床に座り両足裏を合わせる。


2、腰のラインをまっすぐに保ちながら
手を前につきそのまま伸ばしていく
この時に口からゆっくりと息をはき
ながら行います。
3、伸ばせるところまで4秒かけて伸ば
し元の位置まで4秒かけてもどしま
す。

伸ばすときに口から息を吐き戻す
時は鼻から息を吸うようにしてお
こなってください。

正しい腰のバランスがとれなければ股関
節は開きません。このエクササイズを行
うことで股関節の硬さを確認することが
でき、骨盤~腰の正しいフォームを身に
付けるくせがつけられます。

ぜひ毎日行ってください。
そして安産になりますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの産後の
腰痛でお悩みのあなたへ

腰専門の旭整骨院にご相談ください。

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一

【藤枝 産後の腰痛】骨盤ケア

こんにちは!藤枝市にある腰痛専
門整体院 旭整骨院 院長の福井です。

ブログをご覧いただき本当にあり
がとうございます。

少し暖かくなってきましたね~!

さてこれから

「安産になるための骨盤ケア」

について書いていきます。

現在妊娠している、これから出産を迎える
という方に役立てばうれしいです。

健康な妊婦生活を送りかわいい元気な赤
ちゃんを生みたい。これが多くの妊婦さ
んの願いではないでしょうか?

以前に産後の腰痛についてお伝えしました
が、原因は出産前にあるということです。

骨盤ケアと聞くと多くの方が産後、開いた
骨盤がもとに戻る際に起こるゆがみをいか
にしてなおすか?という産後の問題と思っ
ている方が多くいます。

でも実際は産後の腰痛の際にもお伝えした
通り、妊娠してから骨盤が緩み始めるその
段階に原因があり、この時から正しい骨盤
ケアは必要であるということです。

産後の腰痛を予防するには産前から骨盤ケ
アについて意識することが大切なのであり
ます。

そしてこの骨盤ケアがそのまま安産になる
為の骨盤ケアにもなるんですね。

ですから、産前産後の腰痛も解消しながら
安産にもなるようにこれから書いていきま
すのでよろしくお願いします。

以前のブログも参考にしていただけたら
幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの産後の
腰痛でお悩みのあなたへ

藤枝市の腰痛専門の旭整骨院にご相談く
ださい。

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一

【藤枝 産後の腰痛】改善ストレッチ

こんにちは!藤枝市の腰痛専門整体院
旭整骨院院長の福井です。

ブログをご覧いただきありがとうござ
います。

産後の腰痛についてお伝えしています。
今回は実践編としてストレッチをお伝
えしていきたいと思います。

これまでの話としてまずリラキシンとい
うホルモンの作用によって骨盤を支える
靭帯が緩まり、それによって骨盤の支え
がなくなる。

その代わりに骨盤周りの筋肉が代わりに
働いて骨盤を支える形になり、その筋肉
に疲労がたまることによって筋肉が疲れ
て痛みが発生するということでした。

それに対してどのような姿勢をとればい
いのか。出産後に注意すべきことについ
てお伝えしてきました。

では今回は実際に自分で行うストレッチ
についてお伝えしていきたいと思います。

非常に簡単なストレッチです。

どこの筋肉をストレッチするのかという
とお尻の筋肉になります。このお尻の筋
肉が緊張することによってお尻が後ろに
突き出してしまうのです。

お尻が突き出ることによって緊張してい
る方(右か左に)偏っていってしまうので
すね。

どっちも固い場合はグーっと後ろに引かれ
るんですけれども、それによって骨盤が開
く状態になりますよね。

前にお伝えした前かがみの姿勢になってし
まうわけですね。骨盤が開く方向に行って
しまうわけなんですよ。

そして骨盤の角度としては後ろに倒して骨
盤が閉まる方向にもっていきたいわけです
が、お尻の筋肉の緊張があることによって
それが出来ないわけです。

ですから骨盤が前に倒れるその原因となるこ
のお尻の筋肉の緊張を抜くことによって骨盤
が前に倒れるのを防ぎ、自分のコントロール
によって骨盤を後ろに倒せる状態にしたいと
いうことになります。

私の治療院でも実際に患者さんにお伝えして
いるストレッチになりますので是非お試しく
ださい。

まず、立って腰を前後左右色々な方向に動か
してストレッチをする前とした後で変化する
かを見ながらやってみてくださいね。

やり方

左右のお尻の筋肉を伸ばすストレッチです。

1伸ばす方の膝を90度に曲げて前に出します。
そして反対側の足を身体に対してまっすぐに
なるようにして伸ばしてください。

2この状態で30秒止めます。

3左側も同じように行ってください。

画像でみるとこんな形になります
↓   ↓   ↓
正面

側面

これを片方3回ずつ行います。

右が終わったらすぐ左、左が終わったらすぐ右
という形で行いますので正味3分で終わります。

この状態でお尻が高く浮く方はお尻の筋肉が
強く緊張しているんです。

注意点は背骨がねじれたり腰が曲がらないこと
です。テンションが抜けてしまい、ストレッチ
の効果が期待できません。

しっかりとテンションをかけてストレッチするた
めのキモは正しいフォームです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの産後の
腰痛でお悩みのあなたへ

腰専門の旭整骨院にご相談ください。

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一

 

【藤枝 産後の腰痛】出産から産後1カ月までの注意点

こんにちは!藤枝市の腰痛専門整体院旭整
骨院院長の福井純一です。

前回のブログでは産前に注意すべき姿勢が
あるんですよ。ということをお伝えしまし
た。

本日は出産後1カ月までの間腰痛にならな
いためのポイントを伝えていきたいと思い
ます。

産後の腰痛というものをしっかり向き合う
ならば、一番大切なのは産前からのケアに
なるということをこれまでお伝えしてきた
わけです。

今回からは産後になります。産後のケア
というものもとても大切になりますので
ぜひ良く理解してください。

これを理解しておかないとどういう問題
が発生するのか?というと、本来防げる
腰痛が防げなくなってしまうということ
です。

ですから、出産を控えているかた、又は
出産後すぐの方にはぜひしっかり読んで
いただきお役立ていただきたいと思いま
す。

前回まででリラキシンというホルモンが
出ることによって骨盤の靭帯が緩むこと
そして骨盤の支えが骨盤周囲の筋肉に依
存する。

そして骨盤周囲、特に腰の筋肉に疲労が
溜まることで腰痛の原因になるというこ
とをお伝えしました。

そこまでの話を踏まえてからの話になり
ますが、出産時の骨盤の開きというもの
があります。

この出産時に骨盤は限界まで開くことに
なります。開いた骨盤は産後どのように
なるかというとゆっくり元に戻っていく
のです。

それはなぜかというと、骨盤を開くため
に靭帯を緩めるホルモンであるリラキシ
ンの分泌が止まるからなんですね。

リラキシンの分泌が止まるのがだいたい
3日まででといわれています。

そうなると4日後、5日後という形で骨
盤がゆっくり締まって元に戻る方向に行
くことになるわけです。

この時に注意していただきたいのが

『体重をかけない』

ことになります。

思いっきり骨盤が開いている状態ですか
ら、体重が加わることによってさらに骨
盤が広がってしまうわけです。

そうなると骨盤の支えがきかなくなり、
結果として腰に負担がかかってきてし
まいます。

多くの方が出産後病院に入院していると
思います。ですから1週間はできるだけ
体重をかけないでください。

もっとわかりやすっく言うと要は
立ち上がらないということです。

病院のシステムによっては授乳の際に
授乳室まで行っておっぱいをやる。そ
のために仕方なく歩かなければいけな
いというこがあるかもしれません。

ただし、ここでもやはりできれば赤ち
ゃんが隣にいて立ち上がらずに授乳で
きる環境の方がベストです。

1週間は立ち上がらないこと。
できるだけ横になっていてください。

そして1週間過ぎると退院される方が
多いと思いますが、ここからは
家族の理解もとても大切になります。

ご主人の元に帰る方もいれば実家に
帰る方もいるでしょう。そして約1
カ月位はサポートを受けるという方
が多いと思います。

この時も赤ちゃんを立って抱っこ
しないことです。重いものをできる
だけ持たない。

骨盤が限界まで広がった後戻っていく段階
でも骨盤はぐらぐらの状態です。もしここ
に負荷をかけてしまうと大きく骨盤のバラ
ンスを崩すことになります。

ですから大切なのはこの2つです。

1重いものを持たない。抱っこもで
きるだけ座った状態でする。

2立った状態で抱っこしなければならないあ
やす時などは必ず家族にやってもらう。

このポイントを守るか守らないかでその後の
腰のコンディションとしては大きな分かれ道
となります。

たしかに、2人3人とお子さんがおられる場
合にはこの2つも完全に守ることは難しいか
もしれません。

でもできるだけ、できるだけしっかり意識し
て守ってください。

では次回からいよいよ実践編にはいっていき
ます。ストレッチを予定しています。

お楽しみに!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの産後の
腰痛でお悩みのあなたへ

藤枝市の腰痛専門の旭整骨院にご相談く
ださい。

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一

【藤枝 産後の腰痛】予防する姿勢について

こんにちは!藤枝市の腰痛専門整体院旭
整骨院院長の福井です。

ブログをご覧いただき誠にありがとうご
ざいます。

前回は産後の腰痛を改善するためのポイ
ントとして一番大切なのは予防法なんです
よ。ということをお伝えいたしました。

本日は産後の腰痛を予防~改善するための
姿勢という内容についてお話させていただ
きたいと思います。

まずおさらいになりますがあくまでも
産後の腰痛の最大のポイントは予防です。

ですので、まずしっかりと予防していた
だきます。

では、具体的に予防するにはどのような
考え方をもってどのような姿勢をとれば
いいのかということをお伝えしますので
お楽しみに。

はじめに理解しておいていただきたいこ
とになりますが、骨盤とはそもそも体全
体の中でどのように動くものなのかとい
うことです。

骨盤はこのように上には腰の背骨が続き
下は股関節というものがあります。

骨盤は腰と股関節の間にあるということ
なんです。ですから腰、股関節を支えて
いる場所ということになるんですね。

骨盤は股関節と腰との関係性が非常に深
いということなんです。

この腰と股関節との関係性というものを
理解しないと骨盤の動きは理解しにくく
なります。

わかりやすくシンプルに言うと・・・

横から見た際に腰が前に倒れたり後ろに
倒れたりします。

この二つですね。

では骨盤が開いている状態というのは一般
的にどういう状態なのかというと、Bの様
に前に倒れたときになります。

前に倒れると骨盤というものは開く形にな
るんですね。

排便を思い出していただくとわかりやすい
と思います。

図Bのように前かがみになった方が出やす
いですよね。逆にAの様に反り腰の状態に
なるとお尻の穴も閉まります。

ですから骨盤が前に倒れる状態というのが
骨盤が開いた状態ということです。逆に骨
盤が後ろに倒れたときというのは骨盤が閉
まった時ということになります。

そこで考えていただきたいのが、妊娠中と
いうのはどういう姿勢がいいのかというこ
となんですけれども、骨盤が閉まるような
姿勢の方が良いんですね。

ここは大切なので良く知っておいてほしい
のですが、骨盤は出産に向かって広がって
行くのですが、お母さんの姿勢としては骨
盤は閉まる姿勢をとっている必要がありま

骨盤が閉まる状態、つまり出口が閉まる状
態が大切なのです。どういうことなのかと
言いますと。

出口が狭いということは中は広いというこ
となんですね。赤ちゃんが育つお腹のスぺ
―スということになります。

わかりますでしょうか?

逆に出産するときというのは、出口を広く
することと、お腹の中を狭くすることで出
すということです。

これは排便と全く同じプロセスです。排便
の際もやはり腹圧を高めてお腹の中を狭く
して、それと同時に出口を広くすることで
出しています。

ですから産前は出口を狭くしておいてほし
いということです。出口は狭くしてお腹の
中は広い状態。これです。

このようなバランスを保つことによって赤
ちゃんが動きやすくなり、逆子の予防にも
なるのです。

逆子はなぜ起こるのかご存知ですか?
その大きな原因の一つが前のめりの姿勢な
のですね。

骨盤が前に倒れている姿勢をとっているこ
とで出口が広く、お腹の中が狭くなるバラ
ンスになります。

そうすると中の赤ちゃんが苦しくなっちゃ
うんですよね。

それで苦しいために中で下を向けず逆子に
なってしまうということなんです。

ですから結論として妊娠中、の腰痛を予防
する姿勢としては骨盤が後傾している状態
が望ましいのですね。

そのことによって、出口が狭くなり赤ちゃ
んの空間であるお腹の中は広い安全な状態
がキープできます。

このような姿勢です。

でも、次に問題点もあります。それは妊娠
するとお腹が出てきますよね。お腹が前に
出ることによって、骨盤が前に倒れるとい
うような形になりがちです。

そうなると出口が狭くなって中が狭くなる
という状態になってしまいます。

この状態になるとお腹の中の赤ちゃんがど
んどんどんどん下に落っこちてきちゃうん
ですね。

これがいわゆる切迫早産と言ったりします
よね。こういったメカニズムで起こってい
るんです。

わかりやすい例を挙げると。ものを持つと
きということを考えてみてください。

重いものを持つときというのはよいしょっと
いう形で持ったら腰をやはり後ろに倒すはず
です。

そうすることで安定してその重いものを持っ
たままで歩くことが出来、運ぶことが出来ま
す。

もしこれが逆に腰が前に倒れた状態で重いも
のを持ったらどういう状態になるのかという
ことを考えてみてください。

腰を一発で痛めてしまうことがとわかると思
います。

妊婦さんは常に重いものを持っている状態に
なるのですから、骨盤を後ろに倒して出
口を狭くする。そしてお腹の中を広くとる。

妊婦の方はこの姿勢でお過ごしください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの産後の
腰痛でお悩みのあなたへ

藤枝市の腰痛専門の旭整骨院にご相談く
ださい。

・産後の腰痛
・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一

【藤枝 産後の腰痛】原因とケア

こんにちは!藤枝市の腰痛専門整体院旭整
骨院院長の福井純一です。

ブログをご覧いただきありがとうございま
す。

前回のブログで出産に関係する腰痛3つの
原因についてお伝えしました。

1産前の原因
2産後直後の原因
3育児の際の原因

リラキシンというホルモンの作用とこれら
3つの原因から産後の腰痛というものが起
こるということにまります。

この対策をしておくことによって産前から
産後、そして出産後の育児に至るまでをス
ムーズに難なく乗り越えることが出来ます。

現に私の妻はそうでした。

三人目の子は安産過ぎて自宅出産になって
しまったぐらいなんですよo(〃^▽^〃)o

では早速行きたいと思います。

具体的に、いかにしてこれらの原因を解消
し産後の腰痛を回避するのか・・

産後の腰痛の原因には時期に合わせて3
つの改善対策が必要です。

本日はこの3つの中でも最も大切な産前の
腰痛改善ポイントをお伝えしていきますね。

まずおさらいとして、産前の腰痛発生の原
因を振り返ります。

女性の骨盤は、リラキシンという靭帯を緩
めるホルモンがたくさん出ることにより妊
娠してから赤ちゃんの成長に合わせて広が
るのです。

そうすると靭帯で支えられていた骨盤は支
えが弱くなることにより代わりに骨盤周り
の筋肉が体重を支える形になります。

筋肉に許容範囲を超えた負荷がかかること
によって筋疲労が起きるのです。

だんだん疲れが溜まってくるわけなんで
すね。

そうすると骨盤周りの筋肉で支えられな
くなって今度は腰の筋肉が体重を支えよ
うとして緊張してくるのです。

この段階で腰の周りの筋肉、関節に負担
がかかり始めてくるということです。

そしてまさにこの時に産前の腰痛が起こる
ということになります。

この状態で出産を迎えた場合、どうなる
でしょうか?

出産時にはいきむわけですから、難産に
なるわけです。

出産時のいきむときに腰が痛くて
「うーっ」と腹圧を高め
られないということになります。

そのようにして出産が長引くというこ
とにつながってくるわけですよね。

この出産の時間が長くかかってしまうと
いうことはお母さんの体にかかる負担が
非常に大きくなってしまうということな
んです。

さらに産後の腰痛にも必ずなってしま
います。

産前から腰痛があったわけですので
出産時に限界まで広がる骨盤とその後
の支えを失った状態は交通事故に
遭ったようなダメージになるのです。

ではどうすればよいのか?

答えは産前の段階から骨盤周りの筋肉
の疲労を取っておくということです。

非常にシンプルですが、これが産後の
腰痛を解決する方法です。

具体的には信頼できる整体の先生の所
で施術を受ける事もそうですし、セル
フケアでストレッチを行うこともあり
ます。

また温めることによって血流を
促して疲労を取ることできます。

いずれにしても筋肉疲労をため込まな
いことが産前の腰痛改善最大のポイン
トです。

そしてこの産前の筋肉疲労をためない
ことの次に大切なのが筋肉を鍛えてお
くことです。

鍛えるというのは一言で言うとしっか
り歩くということになります。

30分くらいはしっかりと歩くことで
必要な筋肉はつくので大丈夫です。

私の妻も3人の子を産んでくれました
が非常に安産でした。

それは必要な骨盤周りの筋肉があった
ことと疲労をためないための私の施術
生活習慣があったからなのです。

産前に腰に疲労がたまっているとまず
間違いなく産後も腰痛になり育児の際
にはさらにつらい状況になる可能性が
あります。

産前から骨盤周り、腰回りのこれから
お世話になる筋肉。

疲れをためず、歩いて鍛えておく。

この2つのことでしっかり対策してい
ただき安産で腰痛に苦しむこともなく
過ごせますように。

ご質問等ありましたらお気軽にどうぞ!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの産後の
腰痛でお悩みのあなたへ

藤枝市の腰痛専門整体院の旭整骨院にご
相談ください。

・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・産後の腰痛
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一

【藤枝 産後の腰痛】原因はいつから?

こんにちは!藤枝市の腰痛専門整体院旭整
骨院院長の福井です。

ブログをご覧いただきありがとうございま
す。

最近電話で出産後の骨盤矯正をしてもらえ
ますか?

というお問い合わせが2件続きました。

そして産後の腰痛やそれを直すための骨盤
矯正自体についての疑問をお持ちの方も多
いようですのです。

産後の骨盤矯正について様々なご質問をい
ただきますのでそれに関して今回はお応え
していきます。

産後の腰痛に関してまず私がお伝えしたい
ことは皆様勘違いされていることが多いの
ですが、産後の腰痛は産後からはじまるの
ではないということです。

では、いつから産後の腰痛は始まるのか?

実は産前からはじまります。

もし産後の腰痛を起こしたくない、とお
考えでしたら産前からしっかりとしたケ
アを受けていくということです。

もう出産をしてしまって産後の腰痛に今
、現在苦しんでいるという方にも改善方
法はあります。

しかし、産後の腰痛の原因は産前からは
じまるため根本的な対応としては産前か
らしっかりとケアをしていくということ
が望ましいのです。

ですから、現在妊娠中の方も今からでき
るセルフケアの方法がありますのでぜひ
お役立ていただければ幸いです。

まず妊娠中の方のケースになります。

妊娠中からはじまっているんですね。

まず女性は妊娠すると女性ホルモンの分
泌がストップするわけですよね。

生理が止まるわけです。

そしてそれに代わってリラキシンという
ホルモンが出てくることになります。

このリラキシンが産後の腰痛のポイント
になるのです。

リラキシンの作用は関節を緩ませること
になります。骨盤をはじめとして全身の
関節を緩ませるのです。

妊娠中は骨盤に赤ちゃんがのっているわ
けですが、その際に骨盤の仙腸関節と恥
骨結合(図示)の部分が緩んでくるわけで
すね。

要はココの関節が妊娠することによって
緩くなるということなのです。

関節が緩むとはどういうことなのかとい
うとつまり関節の支えが弱くなるという
ことなのです。

では関節の支えが弱くなるとどうなるの
か?というとお母さんのお腹の中には赤
ちゃんがいて段々大きくなるのですから
体重がどんどん増えていくわけです。

体重が増えていくのに関節は緩まるとい
うことはどこかほかの部分で支えてあげ
ないといけなくなります。

どこかが関節の代わりに支えなくてはな
らないです。

その代わりというのが「筋肉」なんです
ね。

リラキシンというホルモンの影響で全身
の関節が緩くなっていきます。

緩くなっていくと代わりに周りの筋肉で
支えていく。この流れになります。

具体的には骨盤周りの筋肉、お腹周りの
筋肉、太ももの筋肉などで支えていくわ
けです。

出産に向けて体重が増加する。その体重
を筋肉が支えていくとなるとやはり筋肉
疲労が起きます。

筋肉疲労が起きると筋肉に力が入らなく
なります。

そうすると関節を支える力が弱くなるの
です。

筋肉が疲れて筋力が弱くなってしまうと
体重を支えるものがなくなってきてしま
います。

そうなると、次にどのような状態になる
のかというと腰に痛みが出るということ
になるのです。

ですから産前、妊娠中、特に妊娠中期ご
ろからだんだん筋肉疲労がたまってきて
すごく骨盤周りの筋肉が疲れた状態で
出産を迎えていきます。

そうすると関節を支える筋肉がくったく
たの状態で出産を迎えると出産の時とい
うのは赤ちゃんの頭が骨盤の下の穴の部
分にあるわけなんです。

ふつう通らない広さです。

ということはこの仙腸関節や恥骨結合が
思いっきり開くわけですね。

リラキシンの分泌もこの出産時にピーク
となっています。

するとこの出産のタイミングで交通事故
のような状態になるのです。

「腰が砕ける」

妊婦さんはこのような感覚をもって出産
に至ります。

それはこの仙腸関節と恥骨結合の部分が
限界まで開くことによって赤ちゃんがそ
こを通るわけです。

そしてその際に筋肉疲労が起こっていま
すから、さらに筋肉が疲労して支えると
ころがない状態になります。

そしてその状態で次に「育児」が待って
いるわけです。

ぼろぼろの状態で抱っこしたり、おっぱ
いあげたり、不安定な体勢で寝かせたり
します。

そのような普段経験したことのない「育
児」の動作からさらに体はゆがんでくる
のです。

つまり産後の腰痛、
その原因はこの3つです

1リラキシンによって骨盤が開く
2出産によってさらに骨盤が開く
3その状態での育児によって身体がゆがむ

このような流れで出産後の育児をしている
方がぎっくり腰のような状態になって当院
に来られるという形が非常に多いといこと
であります。

ではどのようにすれば産後の腰痛を予防
改善できるのか?

具体的なセルフケアについては次回から
お伝えしていこうと思いますので参考に
してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡・藤枝市・島田市にお住いの産後の
腰痛でお悩みのあなたへ

藤枝市の腰痛専門整体院の旭整骨院にご
相談ください。

・慢性腰痛
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・ぎっくり腰
・産後の腰痛
・圧迫骨折
・椎間板ヘルニア

あきらめないで、私に一度ご相談くだ
さい。無料相談はメールでこちら

予約はこちらのHPからお願いします。

―福井純一