アスリートクリニック|長引く腰痛治療のプロ|腰痛・足のシビレ治療の専門家 | 静岡|島田|藤枝|焼津|牧之原 |静岡市|痛み・しびれ・こり専門オステオパシー・整体院 | 腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ぎっくり腰・骨盤矯正 | [厚生労働省認定院] みちる施療院へ

島田市にある腰専門整骨院
みちる施療院へのお電話はこちら
asahi 整骨院へのお問い合わせはこちら
みちる施療院へのお電話はこちらみちる施療院へのお問い合わせはこちら

産前・産後の腰痛

産後にこのような症状はありませんか?

  • 産後腰の痛みがある。
  • 動くのが辛い
  • 骨盤のバランス悪い気がする
  • 産後腰が痛い
  • 腰が伸ばせない
  • 開いた骨盤を閉めたい

なぜ産後の腰痛が起こるのかその理由を解説します。

実は産後の腰痛の発生の原因は産前からはじまります。

妊娠中から、出産にかけてリラキシンというホルモンのが出る事により 全身の靭帯がゆるみます。
そして特に骨盤の「仙腸関節」と「恥骨結合」、この二つの関節 を固定する靭帯がゆるめられ、出産時に赤ちゃんが通る産道ができるのです。

骨盤の靭帯がゆるむことによって骨盤の支えがなくなるため、骨盤の周りの筋肉 「お尻の筋肉、太ももの筋肉、腰の筋肉」が体重を支えるために緊張していくことになります。

そして、出産に向けて体重が増加する。その体重を筋肉が支えていくとなるとやはり筋肉 疲労が起きます。


ですから産前、妊娠中、特に妊娠中期ごろからだんだん筋肉疲労がたまってきて 骨盤周りの筋肉がとても疲れた状態で出産を迎えるのです。

そうすると関節を支える筋肉がくったくたの状態で出産を迎えると出産の時とい うのは赤ちゃんの頭が骨盤の下の穴の部分にあるわけなんです。


ふつう通らない広さですから、出産時にはこの仙腸関節や恥骨結合が思いっきり開くわけですね。
リラキシンの分泌もこの出産時にピークとなっています。

それはこの仙腸関節と恥骨結合の部分が限界まで開くことによって赤ちゃんがそこを通るわけです。
そしてその際に筋肉疲労が起こっていますから、さらに筋肉が疲労して支えるところがない状態になります。


そしてその状態で次に「育児」が待っているわけです。
ぼろぼろの状態で抱っこしたり、おっぱ いあげたり、不安定な体勢で寝かせたりします。

そのような普段経験したことのない「育児」の動作からさらに体はゆがんでくるのです。
このような流れで出産後の育児をしている方がぎっくり腰のような状態になって当院 に来られる方が多くおられます。

みちる施療院の産前・産後の腰痛の施術とは?

施術内容

筋肉の施術
リラキシンの分泌とともに始まる筋肉の緊張をきちんと取り除くための筋肉の治療をします。 筋肉の緊張は各個人によりどの部分に一番緊張が起こっているかを筋膜検査からみて治療する必要があります。 痛みのある部分だけが痛みの原因とは限りません。どのようなバランスで緊張しているのか?どの部分に引っ張られて痛みが出ているのか?
それは人によって変わります。
当院ではこのパターンを筋膜検査からあなたの最も緊張している筋肉に対して調整していきます。

骨盤・背骨の調整
骨盤~背骨をその方のゆがみに合わせて調整します。
ボキボキするようなことはありません。無理のない最良の力で骨盤~背骨をゆるやかに調整します。

施術料金

初回限定。1日2名様限定3900円
お電話での確認はこちら

みちる施療院の施術メニュー

腰痛なら みちる施療院にお任せください!
腰の痛み、その他身体のことでお悩みなら、静岡県島田市にあるみちる施療院にお任せください。 お問い合わせやご相談、ご予約はお気軽に。